So-net無料ブログ作成
他の昆虫 / Other insects ブログトップ

蝶か蛾か?~境界線上の種を巡って(その2) [他の昆虫 / Other insects]

蝶か蛾か?~境界線上の種を巡って(その2)

 前回に引き続き、蝶なのか、蛾なのか、奇妙な種を紹介したい。今回は割に有名なアリノスシジミを紹介してみよう。「蝶なのか蛾なのか分からない鱗翅目はなんて呼ぶ?」「ガチョウ(蛾蝶)!」なんていうのは下らないギャグにもならないのだが、このアリノスシジミ、実際に英語名では"Moth butterfly"と呼ばれている。
 シジミチョウの仲間では最大種、その奇怪な風貌と生態は自然界の奥深さを学ぶ恰好の材料でもある。本属はインド北部からニューギニアまで広く分布するアリノスシジミ(Liphyra brassolis)と、ニューギニアと周辺離島に僅かに知られるL. castniaL. grandisの3種からなる小さな属である。生態として特筆すべきは幼生期は完全な肉食性を示すことで、ツムギアリという獰猛なアリの巣に入り、その中でアリの幼虫を貪り食って成長するという奇怪な習性を有している。アリからの攻撃を封じるため、幼虫は堅い殻に覆われ、いわば装甲車のような外観を呈している。これを幼虫と言っても、誰も信用しないかもしれない。昨年、当会の大会で発表していただいた青森県の工藤氏のブログに素晴らしい画像が掲載されているので、紹介しておく。

 アリノスシジミの生態(ブログ:青森の蝶)

 そして成長すると、ツムギアリの巣の中でやはり堅い殻に覆われた蛹となる。羽化した後はツムギアリの猛反撃を喰らうようだが、毛のような鱗粉を全身にまとっているため、アリの攻撃を防御でき、悠々と大空に羽ばたいていくようだ。ツムギアリにとっては悪魔のような存在に違いない。

 成虫の風貌や生態もこれまた奇怪そのもの。まずは♀の画像をご覧いただきたい。

L brassolis.jpg
▲アリノスシジミ♀(インドネシア・イリアンジャヤ産:柳下昭コレクション)

 これは目にする機会の少ないインドネシア・イリアンジャヤ産の個体。当会の柳下昭氏のコレクションに所蔵されている巨大な♀である。どうだろうか。太い胴体と奇妙な斑紋。10円玉と比べれば、その巨大さが分かろうというものだ。これでシジミチョウというのだからもう呆れるほかない。

 続いて、柳下氏の秘蔵コレクションの中から、極めて稀な同属の別種グランディスアリノスシジミも紹介しよう。もし本種を持っている方がおられたら、それは称賛に値する大コレクターである。かつてブログ編集子は、バリの出谷裕見氏(出谷氏については以下の記事を参照されたい こちらこちら)に「ニューギニア特産のあの変なアリノスシジミは入荷したことありますか?」と訊いたことがある。哲学者然とした出谷氏は遠くを見るような眼差しで、「今までに1度だけ入荷したことがある」と答えていたように記憶している。その個体が恐らく下記のものであろう。黒くて不気味な斑紋、尖った前翅。やはりアリノスシジミとは明らかに別種のようである。

 L grandis.jpg
▲グランディスアリノスシジミ(インドネシア・ヤーペン島産:柳下昭コレクション)

 アリノスシジミについての生態的な知見は少ないが、日本人採集家によると「夜、食堂の灯火に来ていた」とか、「蛾や甲虫を採集するために夜間採集をしたらライトトラップに飛来した」という報告があるようで、一体お前はホントに蝶なのか?と言いたくもなる。
 残念ながらブログ編集子はまだ生きた本種の姿を見たことがない。いずれ、どこかで出会ってみたいものである。(おわり)
 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

蝶か蛾か?~境界線上の種を巡って(その1) [他の昆虫 / Other insects]

蝶か蛾か?~境界線上の種を巡って(その1)

 「蝶と蛾の違いって何ですか?」とは、一番多く訊かれる質問である。大抵は「どちらも鱗翅目という仲間で、決定的な違いって実は無いんです」と答えるほかないのだが、それで納得してもらえる人は多くない。当会会員でもあるアメリカ在住の白岩氏は、氏のホームページで以下のように明快な紹介をしているので、まずはこちらを参照されたい。

 ぷてろんワールド「蝶と蛾の違い」

 この中にも紹介されているが、蝶と蛾の区別点として有用なものに、「翅棘」(しきょく)または「翅刺」というトゲのような器官がある。これは前翅と後翅を連結させるもので、後翅の付け根から飛び出したトゲが、前翅の付け根の「保帯」と呼ばれる部分に収納される構造となっている。これはほとんどの蛾に特有の器官である。
 ところが例外はあるもので、蝶の中で唯一、この器官を持つ種類がオーストラリアに分布している。特異な斑紋が美しいラッフルズセセリ(Euschemon rafflesia)である。本種について、当会会誌No.23で吉本浩氏が解説をしているので参照されたい。

s-The Regent Skipper (Butterflies No.23).jpg
▲ラッフルズセセリ原色図(Butterflies No.23)

 さて、蝶と蛾を巡る区別点としてもうひとつ分かりやすいのが触角の形状であろう。棍棒状になるのが蝶であることが多く、蛾では先が尖っていたり、櫛状になっていたりする。今度は蛾の中で、触角が棍棒状になるものはいないかと探してみると、カストニア(Castoniidae)科という特異なグループが目を引く。このグループは主として南米で繁栄しており、多くの美麗種を含み収集家に人気の高い蛾である。この蛾の触角は、まさに蝶のように棍棒状をしている。拡大して仔細に観察すると、差異はあるのかもしれないが、いわゆる蝶の触角と言って誰も疑わない。
 カストニア科の蛾は、じつは南米を遠く離れた東南アジアにもTascinaという属が分布している。近年、ベトナムから日本人によって新種も記載されたようだが、東南アジアのこの仲間はどれもたいへんな稀種ぞろいで、ほとんど実物を目にすることができない。以下に示すのは、当会会員の柳下昭氏のコレクションに保管されているもので、インドネシア・タナマサ島で得られたTascina orientalisの♂と思われる個体である。巨大な複眼、退化しているとされる口吻、そして蝶のような棍棒状の触角。どれをとっても、魁偉としか言いようの無い姿をしている。貴重な標本を手に取らせていただき、傾けた時に、高貴な青色の輝きが目を射抜いた。低地の熱帯ジャングルに生息しているとされるが、一体どのような生態なのだろうか。興味は尽きない。(つづく)

C orientalis.jpg
▲Tascina orientalis ? male (インドネシア・タナマサ島産:柳下昭コレクション)
C orientalis blue.jpg
▲まるでコムラサキのように強く幻光を放つ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
他の昆虫 / Other insects ブログトップ