So-net無料ブログ作成

参加御礼! 2014年度総会・大会も大盛況!!!  [連絡 / General Information]

BSJ Annual Meeting 2014.JPG
▲全員集合! 140人の参加者で賑わいました

参加御礼! 2014年度総会・大会も大盛況!! 

 少々報告が遅れてしましました。去年の12月20日、東京大学理学部二号館にて日本蝶類学会2014年大会・総会が開催されました。年末の慌ただしい時期にも関わらず、約140名という多くの参加者にお越しいただきました。2008年から数えて7年連続の参加者100人超え、すっかり蝶界の冬のイベントとして認知されたようです。高校生や大学生など若者の姿も見られ心強い限りです。

Mr. Koiwaya.JPG
▲2014年度・江崎賞受賞者、小岩屋敏氏の記念講演

 2014年度の江崎賞に選ばれたのは、アジア産蝶類の分類・生態に通暁し、なかでもゼフィルス研究では世界のトップを長年走り続けてこられてきた小岩屋敏氏。10年余り前に長年の東京暮らしを卒業され、出身地宮崎県に戻られてからは地元のチョウの保全活動や地域貢献活動にも精力的に取り組まれています。今回、小岩屋氏は特別講演で「日本のタッパンルリシジミは迷蝶である!!」と題して、緻密な調査に基づく新たな視座を紹介しました。タッパンルリシジミは日本産蝶類の中で幼生期の生態が不明な唯一の種として知られていますが、九州で夏に調査したところ一時的に固まって採集され同一場所で継続的に見られないことなどから季節風に乗って中国南部から飛来してきている可能性を指摘しました。

Dr. Sbordoni.JPG
▲Dr. Sbordoniの講演

 また、イタリア・ローマ大学から参加いただいた、Valerio Sbordoni教授は、中国・ヒマラヤ地域に分布の中心があるジャコウアゲハ属(Byasa)やクビワチョウ属(Calinaga)などについて、mtDNAを使った類縁関係について最新の知見を紹介しました。分析のベースとなる各地の標本の充実に目を瞠りました。

 このほか興味深い講演が目白押しで、夕方になるまで会場は熱気に包まれていました。講演終了後の懇親会も大盛況で、構内のレストランに場所を移し、参加者の皆さんが蝶談に花を咲かせていました。




 ご参加いただいた皆様方、また情報をweb上などで拡散して下さった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!!


 なお詳細は近日発行されますNewsletterで改めてお知らせ致します。どうぞ、お楽しみに!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

会誌No.67発行される!  [連絡 / General Information]

cover no.67.jpg

会誌No.67発行されました! 

 年末年始を挟んで、少し紹介が遅れてしまいました。最新号(2014年度2冊目)が発行されました。

稲岡 茂 「世界・チョウの旅」 モンスーンヒマラヤのパルナシウス

 稲岡氏はアゲハチョウ科のウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)属(Parnassius)のエキスパート。毎年のようにヒマラヤ山脈の高地を訪問し、多くの知見を積み重ねてきておられます。稲岡氏の訪ねるヒマラヤ山脈は大抵がアクセスも困難な奥地であり、通常の旅行者が短期間で訪問できるような場所ではありません。今号で稲岡氏はその写真家としても際立った力量を遺憾なく発揮し、見開きでヒマラヤの奥地の風景を紹介してくれました。百聞は一見に如かず。ぜひこのカラープレートを眺め、神々の棲む庭で遊ぶパルナシウスに思いを馳せていただきたいと思います。

Himalaya Parnassius.jpg
▲神々の棲む嶺・ヒマラヤ

 もう1つ、われわれに馴染みの深いゼフィルス仲間の驚くべき新種記載を紹介しましょう。

Takashi Hasegawa & Kotaro Saito Description of two new species of the tribe Theclina (Lepidoptera: Lycaenidae) from central Vietnam  

Thermozephyrus.jpg
▲キリシマミドリシジミ属の既知種

 長谷川、斉藤両氏は先だってNo.63でもミャンマー北部産の新属新種のゼフィルスを記載されていますが、またしても今度はヴェトナム中部からとんでもない新種を2種記載しました。そのうちの1種は私たち日本人にも馴染みの深いキリシマミドリシジミ(Thermozephyrus ataxus)の仲間です。キリシマミドリシジミ属については稿を改めて紹介しますが、今回ヴェトナムで見つかった新種はこれまでのキリシマミドリシジミの分布域からは遠く隔たった場所で、まさに想定外の発見と言えましょう。短期間の調査でオスもメスも得られていますが、日本人研究者の探索能力の高さに驚かされます。こちらも是非カラー図版で見て下さい。さらに今回の新種ならびにキリシマミドリシジミ属の既知種を比較検討した結果、日本産のキリシマミドリシジミを種に昇格させる(Thermozephyrus kirishimaensis (Okajima, 1922) stat. nov.)という重要な問題提起もされています。
 
 というわけで、今号も見逃せない内容であることがお分かりいただけたと思います。目次はこちらから。

 会誌は会員外でも1冊3,500円(送料別)で購入できますので、ご希望の方は下記のメールアドレスまでお申込み下さい。

【申し込み先】
welcome_scripts@yahoo.co.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問