So-net無料ブログ作成

森に棲む翡翠、イワカワシジミ / The Green Flash~A Jade flying in the deep forest [世界の蝶 / Butterflies World]

 森に棲む翡翠、イワカワシジミ

 一昨年開設した本ブログ、アクセスして下さる皆さんに支えられ、どうにかこうにか三日坊主に終わらずにきょうまで何とか続いてきた。ついに今回で記念すべき100回目の記事となる。
 そこで今回はブログ編集子の好きなチョウを、驚愕の秘蔵標本とともに紹介してみよう。

 紹介したいのは、日本でも南西諸島に見られるイワカワシジミ(Artipe eryx)である。イワカワシジミは特異な裏面の緑色で、他に見間違う種はまったくいない。その高貴な姿はまさに「森に棲む翡翠」とでも形容したくなる気品にあふれている。羽化したての成虫の裏面を写した画像を以下に掲載しよう。

eryx adult.jpg
▲羽化したての♂(2006年6月 沖縄島南部にて撮影)

 本種はクチナシを食樹とするが、面白いことに通常のチョウの幼虫のように葉を食べるわけではなく、主に実の中に食い入って、その中身を食べる。実が無い時期には蕾と花を食べて成長する。このように実を食べるチョウは他にも近縁種でいくつか知られているが、興味深い生態である。

eryx nest.jpg
▲終齢幼虫が食い入ったクチナシの実。特徴的な丸い穴が開く(2006年5月 沖縄島南部にて撮影)
eryx pupa.jpg
▲実の中で蛹となる。開けてみたところ(2006年6月 沖縄島南部にて撮影)
eryx larva.jpg
▲実の無い時期には花を食べる。幼虫を飼育している容器の中はクチナシの佳い香りがする

 このイワカワシジミが属するArtipeというのは小さな属で、本種eryxの他には、わずか数種が東南アジアからニューギニアにかけて知られるのみである。本種こそ日本では割に見られるが、東南アジアで見つけるのは至難の業である。東南アジアのシジミチョウ研究で活躍した当会元理事、故・長田志朗氏はラオスでイワカワシジミの幼生期を解明し、本会会誌No.17で報告しているが、大陸のイワカワシジミは日本のものに比べて2回りは大きく、♀の尾状突起も遥かに長く優美で、俄に同種とは信じがたいものがある。さすがにこの大きさだと日本のようにクチナシの実に食い入るわけにはいかず、長田氏が発見したのはアカネ科のRandia dumetorumという植物の実であったそうだ。

Laos eryx (Butterflies No.17).jpg
▲ラオス産イワカワシジミの幼生期(長田(1997), Butterflies No.17より)

 しかしまだまだ世界は広い。ニューギニアと周辺属島には、恐るべきイワカワシジミが棲息しているのだ。御託を並べるより前に、まず以下の画像を見ていただきたい。

Artipe female UP.jpg
▲右:ドヘルティーイワカワシジミ♀表面(インドネシア・ヤーペン島産:柳下昭コレクション)と左:イワカワシジミ♀表面(沖縄・石垣島産)
Artipe female UN.jpg
▲同裏面

 どうだろう。まさにお化けとしか形容しようのない、巨魁イワカワシジミである。日本のイワカワシジミだってシジミチョウにしては大柄な方であるが、このイワカワシジミと比べるとまるで大人と子供みたいである。この巨大な種はドヘルティーイワカワシジミ(Artipe dohertyi ssp.)と暫定的に同定されているが、インドネシア・ヤーペン島ではこれまで未記録であるばかりか、斑紋もニューギニア本島産と大きく異なり、果たしてこの種かどうか定かではない。何よりこの大型種はニューギニア本島でもこれまでに僅かな個体が得られているのみの大珍品で、大英博物館やオーストラリアの博物館の僅かな資料を集めて比較することすら容易ではない。とはいえ現在、この標本の所有者で、世界的に著名なカザリシロチョウ研究家の柳下昭氏(本会会員)は海外の研究者とともにDNAも含めた研究を進めているという。結果を楽しみに待ちたい。
 それにしても、この巨大なイワカワシジミの幼虫が食い入る「実」とは、いったいどんなに大きいのだろうか。リンゴくらいの大きさがなければ、到底こんな巨体を育てることはできないように思う。ヤーペン島、ぜひ行ってみたいものだ。最後にヤーペン島の位置図を掲載して本稿を終えたい。

Schouten_Islands_(IN)_Topography.png
▲ヤーペン島位置図(Wikipediaより)

アクセス殺到! 愛読記念に追加で秘蔵画像を公開!!

Artipe spp. male.jpg
▲右:ドヘルティーイワカワシジミ♂表面(インドネシア・ヤーペン島産:柳下昭コレクション)と左:イワカワシジミ♂表面(沖縄・石垣島産)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1